標準加工情報

精密板金加工の標準加工 寸法値

 

丸井工業で行う精密板金加工の標準加工の寸法値を各加工ごとに明記しました。

標準加工の寸法値ですので、この寸法を超えて加工することも可能です。別途ご相談ください。

 

 

切断加工 最大寸法

 材料の種類  加工最大寸法
 SPCC・SECC・SGCCなど  2373mm×1084mm
 SUS304・SUS430・A5052など  2435mm×1115mm
 C1100・C2801など  1935mm×865mm

 

 

L曲げ加工 最小寸法

板厚 t=0.5 t=0.8 t=1.0  t=1.2  t=1.5  t=1.6  t=2.0  t=2.5  t=3.0 
内R=0     2.8mm 3.6mm 3.8mm 4.5mm 5.8mm 5.9mm 7.3mm 9.8mm 12.2mm
内R=1.0   4.2mm 4.4mm 5.0mm 5.8mm 5.9mm 7.3mm 9.8mm 12.2mm
内R=2.0 4.2mm 4.9mm 5.6mm 5.7mm 6.6mm 6.6mm 8.5mm 9.9mm 12.2mm
内R=3.0 4.9mm 6.1mm 6.3mm 7.8mm 8.3mm 8.3mm 9.6mm 12.1mm 12.4mm

 

 

Z曲げ加工 最小寸法

板厚 t=0.5 t=0.8 t=1.0  t=1.2  t=1.5  t=1.6  t=2.0  t=2.5  t=3.0 
内R=0      5.9mm 6.4mm 7.2mm 8.7mm 8.9mm 11.5mm 13.5mm 16.4mm
内R=1.0   6.5mm 7.4mm 8.2mm 9.2mm 9.9mm 11.0mm 13.9mm 15.8mm
内R=2.0 7.2mm 8.2mm 9.0mm 9.9mm 10.9mm 11.0mm 13.3mm 15.0mm 16.9mm
内R=3.0 8.9mm 10.9mm 11.3mm 12.0mm 13.6mm 13.8mm 15.4mm 16.3mm 17.2mm

 

 

BR(バーリング)付近の曲げ加工 最小寸法

板厚 最小寸法
0.5mm~3.2mm 15mm

 

 

段曲げ加工 最小最大寸法

板厚 t=0.5 t=0.8 t=1.0  t=1.2  t=1.5  t=1.6  t=2.0  t=2.5  t=3.0 
最小寸法 1.0mm 1.3mm 1.5mm 1.7mm 2.0mm 2.1mm 2.5mm 3.0mm 3.5mm
最大寸法 5.0mm 5.5mm 6.5mm 6.8mm 7.5mm 7.6mm 8.0mm 8.5mm 9.0mm

 

※段曲げ加工の曲げ角度を指定することはできません。