企業案内Company

社長メッセージ

私たち丸井工業株式会社は、1971年創業以来、永年にわたりお客様からの信頼にお応えし、精密板金で培った技術で地域社会に貢献してまいりました。

 

手掛ける製品は放送・通信・鉄道・防衛・宇宙など、さまざまな産業分野において、社会や人々との関わりのなかで多様な進化を続けています。

近年、ものづくりへの高まる環境配慮と品質向上への期待に応えるべく、国際規格ISOの取得を積極的に進めてまいりました。

 

2005年の品質認証ISO 9001取得・維持を始めとして、環境認証ISO 14001取得を経て、2016年に取得した航空・宇宙・防衛に関する品質保証認証JIS Q 9100はこれらの証となるものです。

 

私たちは、顧客の期待・ニーズに応える製品を提供し続けるために社内管理システムだけでなく、社員とその家族の幸せも重要と考えております。そのため、社員教育に力を入れ、若手社員が技術を磨き活き活きと働いて、お客様の事業発展に貢献できる人材に育ててまいります。

 

これからもお客様から積極的に選ばれる企業として努力を続け、100年企業を目指します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

会社概要

社名 丸井工業 株式会社
代表者 代表取締役 井手野 博充
設立 1971(昭和46)年6月1日
資本金 10,000,000円
所在地

〒230-0003 神奈川県横浜市鶴見区尻手1-5-15 アクセス・地図>>

TEL 045-581-2129 FAX 045-581-2216

ISO取得

ISO 9001認証:登録番号 JQA-QMA15247

JIS Q 9100認証:登録証番号 JQA-AS0181

営業品目 精密板金加工、 一般板金加工、機械加工、樹脂加工、メッキ、塗装、彫刻、シルク、板金製品組立、電子機器組立・配線
主な取引先業種 送信機器、通信機器、計測機器、医療機器、音響機器、映像機器、宇宙機器、 航空機器、防衛機器

 

作業風景

 

沿革

1971年(昭和46年)

井手野誠治が横浜市鶴見区で個人にて丸井工業所を開業

特殊接点、銅、ニッケルを使用したより線の製造を開始する

1972年(昭和47年)

有限会社 丸井工業として発足

製缶板金および一般板金の製造を開始する

1980年(昭和55年)

現在地に新工場を落成

クリーンルーム関連設備の製造を開始する

日清紡製ターレットパンチプレス機の導入

1981年(昭和56年)

精密板金加工を開始する

アマダ製ターレットパンチプレス58ステーションなど新鋭機器を導入

1985年(昭和60年)

丸井工業株式会社に商号を改める

測定機器関連の精密板金加工を開始

1988年(昭和63年)

放送、通信関連の精密板金加工を開始

プログラム作業のOA化を開始 CAD/CAMを導入

1990年(平成2年)

三菱製レーザー加工機の導入

放送機器関連の配線・組立作業を開始

1991年(平成3年) 医療、防衛関連の精密板金加工を開始
1993年(平成5年) サーバーによる加工機のネットワーク化を開始
1994年(平成6年) カメラ制御器などの組立・配線を開始
1999年(平成11年) アマダ製レーザー加工機を含め新鋭機器の導入
2001年(平成13年) 受注管理システムおよび社内ネットワークの構築を開始
2005年(平成17年) ISO 9001品質マネジメントシステムの認証取得
2007年(平成19年) ISO 14001環境マネジメントシステムの認証取得
2009年(平成21年) 品質保証部室・検査室の完成
2012年(平成24年) 井手野博充が社長に就任
2016年(平成28年) JIS Q 9100航空、宇宙及び防衛分野品質マネジメントシステムの認証取得

 

アクセス・地図

 

丸井工業社屋

アクセス(電車利用の場合)

  • JR南武線 尻手駅 徒歩7分
  • 京浜急行 八丁畷駅 徒歩8分
  • 京浜急行 鶴見市場駅 徒歩10分